« 足立 明里 個展「つなぎ目」@GALLERY龍屋 | トップページ | グループ展参加のお知らせ »

2014年10月 5日 (日)

9/20 GALLERY龍屋にて

狭かった世界、なのかもしれない。

これは9/20のお話。
尾張旭市にあるGALLERY龍屋さんで9/10から9/21まで開催された展示会を見に行ってきました。
この期間中に開催された展示は次の三つの展示です。
■渡邊 春菜・いしかわ ゆか 二人展「mucosa(ミュコサ)」
■くまたにたかし・池原悠太 二人展「かげひなた」
■原 良輔個展「黒白展 ~KOKUHAKUTEN~」

お世話になっているアートユニット いろ葉のお二人がそれぞれ過去に名古屋で行った展示を新作も交えて今回GALLERY龍屋で展示になりました。
過去に開催された渡邊 春菜・いしかわ ゆか 二人展「mucosa(ミュコサ)」は私も見に行ったのですが、その時は展示されている作品たち、空間が非常に生々しい力を持っていたように感じました。

今回、三つの展示を見て、非常に印象に残ったことは、当然ながら、知らない世界がまだあったこと。池原さんの作品を見たとき、自分の現在地を揺さぶられた。
今回の展示タイトルが「かげひなた」になっていたことにもそこで気が付いた。
大きな作品のちからが本当に強くしばし、動けなかった。
重なっている部分、異なっている部分。その関係性が展示にも表れているように感じられました。

9/20はこの展示のクロージングパーティ。
いつも通りの交流パーティに加え、くまたにたかしさん、渡邊春菜さん、原良輔さんによるライブペイントがあったり、そのBGMに渡邊春菜さんが演出で参加する演劇の曲のアレンジが使われたりと華やかな時間だったことは間違いないと思います。

だいぶ遅くなっていましましたが、本当にいい作品をたくさん見られたこと、久しぶりに心が落ち着けた時間だったと思います。
龍屋さん、展示されたすべての作家さま、お会いできた全ての方に感謝を。
ありがとうございました。

« 足立 明里 個展「つなぎ目」@GALLERY龍屋 | トップページ | グループ展参加のお知らせ »

アートイベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/57582146

この記事へのトラックバック一覧です: 9/20 GALLERY龍屋にて:

« 足立 明里 個展「つなぎ目」@GALLERY龍屋 | トップページ | グループ展参加のお知らせ »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ