« 5/5文フリ&COMITIA108個人的手記 | トップページ | 『みずつき3』に参加しました。 »

2014年5月18日 (日)

足立明里展「ないものさがし」@ギャラリー メゾンダール大阪

欠けていることは、マイナスではなくて。

これは5/17のお話。
大阪、ギャラリー メゾンダールで5/18まで開催されている足立明里さんの個展「ないものさがし」を見てきました。
足立明里さんは名古屋を拠点に活動されているイラストレーター。
昨年のイントラートさんの個展に続く二回目の個展で、名古屋以外での個展は今回が初めてになります。
今回の展示は、タイトル通り「ないもの」を探す展示。
描かれている動物たちには、どこか本来特性として持っているはずの部分がなかったり、使えないようになっています。
一見するとそれは悲しいものに見えますが、その「ないもの」を別の何かに置き換えられていたらどうでしょう。
例えば一般的に単独で生活しているサイがその角を使ってほかの動物と共存していたら。
例えばウサギの片耳に花が咲いており、その花から音が流れていたら。
失ったものをどう活かして生きていくのか。描かれている動物たちを見ているとそれは人間にも置き換えられるものではないかと感じる展示でもあります。
展示タイトルの「ないのもさがし」にはネガティブな意味だけではなく、実はポジティブな意味がかなり多く含まれています。作品を見ると重く苦しい雰囲気は全くありませんでした。
先ほど少しr触れましたが足立明里さんの作風は絵本の挿絵に使われてるような落ち着いていてかわいらしい雰囲気があります。ですが、その作品世界の中には人間に置き換えたときに投影できる感情が含まれていることも忘れてはならないでしょう。
足立明里さんの今後の展示は、6月に大阪梅田LOFTのグラフィックスコーナーで展示販売があり、今後は名古屋でもまた展示があるとのこと。
情報は公式HP http://adachi-acari.moo.jp/news.html をご覧ください。
過去の展示の模様や作品もサイト内で見ることができますよー。

足立さん、素敵な作品を見せていただいてありがとうございました。

« 5/5文フリ&COMITIA108個人的手記 | トップページ | 『みずつき3』に参加しました。 »

アートイベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/56236726

この記事へのトラックバック一覧です: 足立明里展「ないものさがし」@ギャラリー メゾンダール大阪:

« 5/5文フリ&COMITIA108個人的手記 | トップページ | 『みずつき3』に参加しました。 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ