« 5/5 第十八回文学フリマ@東京流通センター | トップページ | 足立明里展「ないものさがし」@ギャラリー メゾンダール大阪 »

2014年5月 6日 (火)

5/5文フリ&COMITIA108個人的手記

一人での旅が、こんなに寂しいだなんて。

これは5/5文学フリマおよびCOMITIAの個人的手記になります。
あれこれ無軌道に書きますのでご了承ください。

今回は短歌クラスタ的な大きなイベントはないだろうと思っていた文学フリマですが、歌人穂村弘さんの作品『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』のトリビュート本(以下:手紙魔まみトリビュート本)が販売されることがTwitterなどでアナウンスされており、それが大きな話題になった模様。
それ以外だと文フリ会場での無線LANサービス。
これはおおむね好評で回線混雑などはなく、接続そのものも良好だったと感じています。

ここからは自分の話。

当日11:30に会場入り。これは先ほどの手紙魔まみトリビュート本が売り切れ御免のアイテムだったため。…自分で購入するわけではなかったのですが、おつかいを頼まれているというのも理由にありました。ちなみにおつかいにかんしてはほかにも売り切れ御免のアイテムがたくさんありました。

おつかいが終わって久しぶりに会う友人知人と話をしたり、はじめましてのご挨拶をしたり。
きっかけづくりのお手伝いができたのはいいことなのかもしれません。
13時ごろに一旦COMITIA108に向かうため文フリ離脱。

COMITIA108は愛知を中心に活動しているイラストレータ大谷ひみさんが出店されてるのもあって顔を出してきました。
昨年末のクリマではお会いできなかったんですよね、自分の都合で。
その時の新作を見せていただいたり、自分の今後の話をしたりと双方にとって意味のある時間だったと思います。関東にはなかなか行かない方なので、偶然いらっしゃった多方面のつながりの方と名刺交換されていたりと、いい時間だったと思います。

文フリ会場に戻ったら手紙魔まみトリビュート本ブースに穂村弘さんがいらっしゃっていることをTwitterで発見。それも、投稿は16秒前。
当日別のブースで出展していた友人の中森つんさんにその話を伝えたら、高速で穂村さんのところに向かわれました。(笑)これはある意味奇跡だと思います。
お会いしたかった方も多かったのでは?

結局戻った後、終了少し前にイベントにさよならしました。
今回は一人じゃないとできないイベントはしごをしたわけですが、たまにはこういうのもいいですね。ビッグサイトはちょっときつかったけど。

文フリおよびCOMITIA運営サイドの皆様、お会いした全ての方に感謝を。
お会いできなかった方もいらっしゃったので、縁がありましたらお会いできますことを。

東京での文フリ参加は一年後になっちゃうんだよな、仕方ないけど。

« 5/5 第十八回文学フリマ@東京流通センター | トップページ | 足立明里展「ないものさがし」@ギャラリー メゾンダール大阪 »

短歌イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/56086652

この記事へのトラックバック一覧です: 5/5文フリ&COMITIA108個人的手記:

« 5/5 第十八回文学フリマ@東京流通センター | トップページ | 足立明里展「ないものさがし」@ギャラリー メゾンダール大阪 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ