« 増田舞子 個展「微かにとける」@新栄TORIDE | トップページ | 驚きと、そして、次の道と »

2014年3月23日 (日)

月末よしみん solo exhibition「flower shop」

気軽に手に取ってもらえるものとして。

これは2/22のお話。
カシュー漆画家、月末よしみん君の個展「flower shop」がGallery Introartさんで開催されていたため見に行ってきました。

空間の作り方が月末よしみんという人間を表しているよう。
自由で、楽しくて、楽しんで欲しくて。
ネガとポジの反転したような桜、天井に吊られている薔薇たち、花の展示の中に違和感なく加わっているフラワーストームという遊園地のアトラクション。
一見すると目移りしそうな世界も一つ一つの作品には存在感があり、じっくり見て欲しいと語るよう。
それでいながら、気軽に見に来られる空間を作っているのだと感じました。

個人的にはサンダーソニアの存在感が際立っていたと思います。

よしみん君曰く、今回の個展でいかにアートを気軽に手にとってもらえる存在にできるかを狙いの一つにしているそうです。
展示されてるモチーフのほとんどが花であることにもそういった理由がある。

名古屋はアートやクラフトのマーケットやギャラリーが多くあるように感じますし、そういう文化が小さくない規模で広まっているように個人的には感じています。
ですが、まだまだすそ野が広がるのも事実。
今後の月末よしみん君の活動にも注目していただければ幸いです。

« 増田舞子 個展「微かにとける」@新栄TORIDE | トップページ | 驚きと、そして、次の道と »

アートイベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/55484269

この記事へのトラックバック一覧です: 月末よしみん solo exhibition「flower shop」:

« 増田舞子 個展「微かにとける」@新栄TORIDE | トップページ | 驚きと、そして、次の道と »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ