« theSing2YOU単独公園'13~ナゴヤ鶴舞公演~ レポート | トップページ | 今回の春菜さんの個展にて(個人的なお話) »

2013年6月 8日 (土)

渡邊春菜個展「ないものねだり」@ギャラリーイントラート

新しい世界はなぜか懐かしく。

これは6月8日の話。
お世話になっているグラフィッククリエイターの渡邊春菜さんの個展「ないものねだり」が今週木曜日から始まったので見に行ってきました。

今回は事前に春菜さんのブログなどで告知があったように彼女が新しく始めた銅版画による作品がほとんどです。
これは新境地であるとともに、春菜さんの得意な線を活かした表現の一つであると受け止めていいと思います。

なぜ銅版画という表現を選んだか、や実際の銅版画作成のプロセスはイントロダクションとして会場に漫画の形で展示されています。
イラストレーションとの違いは、画面の密度だとお話も聞きました。
今までのイラストレーションの感覚で描いていると、画面の密度(色のつかないところ、というか)が不足してしますそうです。
そのためか、非常に細かい書き込みが増えており、より多彩な線による表現が見られると思います。

また、一つの原版から色を変えて何枚も刷られており、使う色による作品の雰囲気の違いを感じとりながら見るのも興味深い点だと思います。
色について、どのタイミングで刷る色を決めているのかをうかがった所、「最初からイメージしているもののありますが、実際にする段階になってその場で色を見て決めることもある」と教えていただきました。

同時に「実際に刷ってみないと本当にどうなっているのかわからない」ということもお話しされていました。これは版画全体に言えることですが、この言葉は決して悲観的な意味ではなく、「そこが面白さの一つ」でもあるそうです。使われている原版も展示されているため見比べることで新しい発見につながると思います。

個人的に感じたことは、非常に懐かしい感じがする画面構成であること。春菜さんの線がずっと持っていた性質が版画と出会うことでより増幅されたのかもしれません。そうした銅版画ならではの魅力も存分に感じられる展示だと思います。

今回、新しいアイテムとして春菜さんの作品の線画を用いた大人向けの塗り絵(名画の塗り絵と同じ)の本が販売されています。購入して実際に塗ってみるもよし、線画を楽しむものとして手に取るのもよし。また、新しい視点で楽しむことができると思います。

渡邊春菜個展「ないものねだり」は栄のギャラリーイントラートで6月16日まで開催中。
営業時間は13時から20時まで。(日曜日は18時まで)月曜はお休みです。
なお、15日の土曜日は18時からレセプションパーティがあり、19時からはギャラリートークとして春菜さんから展示にかかわる話や質問に答えていただける時間もあるとか。
期間中、春菜さんもできる限り在廊されるとのことですが、確実にお会いしたい方はこの日にお越しいただければ大丈夫かと思います。
最後になりましたが、渡邊春菜さん、イントラートさん、本当に素敵な展示を見せていただきありがとうございました。お会いした全ての方にもありがとうございました。

    « theSing2YOU単独公園'13~ナゴヤ鶴舞公演~ レポート | トップページ | 今回の春菜さんの個展にて(個人的なお話) »

    アートイベントレポート」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/51965359

    この記事へのトラックバック一覧です: 渡邊春菜個展「ないものねだり」@ギャラリーイントラート:

    « theSing2YOU単独公園'13~ナゴヤ鶴舞公演~ レポート | トップページ | 今回の春菜さんの個展にて(個人的なお話) »

    うたらばブログパーツ短歌


    フォト
    2014年12月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    無料ブログはココログ