« 4月5日、晴れ。そして、宣伝。 | トップページ | レポートじゃなくて、ちょっと考えて欲しいお話 »

2013年4月 8日 (月)

「四次元トリップvol.1」@大須モノコト

交わった四つの音とキャンドルが誰も知らない旅の始まり

これは日曜日の夜のお話。
度々ライブを聞きに行ってるtheSing2YOUのお二人が現在東京を拠点に活動されているカケラバンクさんとのイベントライブ「四次元トリップvol.1」に行ってきました。
これはカケラバンクさんがやれているイベントライブ「暗闇トリップ」と同様に暗闇の中での生音ライブ。
会場の四隅にカケラバンクの櫻井さん、伊藤さん、Singのさとしさん、くるみさんがそれぞれ張り付き、キャンドルの灯りだけのなかで展開されるスペシャルライブです。
今回はじめてライブを聞いたカケラバンクさんはギターとヴォーカルの櫻井幹也さんとパーカッションとコーラスの伊藤弘さんのアコースティックユニット。音楽ライブだけでなくどうやら朗読だとか、ポストカードだとか多方面で自分たちの世界観を作り続けているユニットのようです。

theSing2YOUは東海圏を中心に活動するツインヴォーカルアコースティックバンド。うたの浦林くるみさんとギターとうたのかとうさとしさんの二人組。名古屋を中心に東名阪でライブ活動を精力的に行うと同時に昨年はじめていった長野県大桑村での入場無料野外フェス「MusicShower」の実行委員長でもあります。

昨日のライブは本当にスペシャルなライブだったと思います。最初に少し書きましたがキャンドルの灯りだけで展開される生音ライブで、会場の四隅にアーティストがそれぞれいるということは、音が全方位から聞こえる瞬間もあるわけです。実際、4人の歌声がきれいに重なる曲もあったのでこのライブを本当に楽しみたいのなら4人が立っている真ん中で聞いてみたいな、と思ったものでした。
それ以外にもユニット同士の枠組みを崩して、さとしさんと弘さんで「はじまりの色」を、くるみさんと幹也さんで「ハシノシタ」が披露されたり、それぞれのソロで(くるみさんはアカペラで)1曲歌ったりと通常のライブでは間違いなく聞けないコラボレーションや曲がたくさん。
ライブ後の感想を聞いているとある程度のイベントについてのイメージは持っていたそうですが、ライブが進むにつれてそれぞれのインスピレーションが刺激されて思ってもみない形に膨れ上がったようでした。
例えば、「はじまりの色」では弘さんが歌詞を朗読するだけでなく、この日に今まで演奏した曲からストーリィが生まれ、それもあわせて朗読する、というシーンもありました。
こんな特別づくしのライブを聞けた自分は本当に幸せだな、と思うばかりです。

一つだけ後々で欲が出てきたのは、あの空間で森をフルで聞いたらどうなっていただろうか、と。次があるなら非常に楽しみなってきました。

カケラバンクもtheSing2YOUも5月に行われる栄ミナミ音楽祭に出演が決定してます。スケジュールなどは後々公式サイトで発表予定です。
theSing2YOUは5月26日(日)に名古屋の鶴舞公園にある奏楽堂(屋内ではなく野外にあるステージ)で入場無料のワンマンライブがあります。15時30分スタートなので散歩がてらふらっと聞きに行くこともできますよー!

主催のカケラバンクとtheSing2YOUの両アーティスト、関係者様、モノコト様、来場したすべての方に本当に感謝です。素敵な時間を本当にありがとうございました。

« 4月5日、晴れ。そして、宣伝。 | トップページ | レポートじゃなくて、ちょっと考えて欲しいお話 »

公演レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/51143225

この記事へのトラックバック一覧です: 「四次元トリップvol.1」@大須モノコト:

« 4月5日、晴れ。そして、宣伝。 | トップページ | レポートじゃなくて、ちょっと考えて欲しいお話 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ