« 第十六回文学フリマin大阪 個人的記録(長文注意) | トップページ | いきものたちと、ものがたり お披露目パーティ »

2013年4月20日 (土)

足立明里 solo exhibition『す』ギャラリートーク

投影。

これは金曜日のお話。
つながりのあるイラストレータ、足立明里さんの初個展『す』のオープニングレセプションが開催されたので参加してきました。
足立明里さんは動物と水玉を表現に用いる作家さん。
動物のありのままの表情を描くやわらかい雰囲気の作家さんです。
今回の個展は彼女にとってもはじめての個展になります。
本当に可愛らしく、かつ物語を持つ作品を是非ご覧ください。

金曜日はオープニングレセプションとしてギャラリートークを開催。
二つの大きな作品を使って、ご自身の表現についてお話いただきました。
水玉は見る人の感情を投影する鏡。
(折り紙の中の銀紙、と話されていたところが雰囲気とすごくあっていた印象)
それに加えて、作品と作品をどこかでリンクさせる役割も水玉にはあるようです。
動物は足立明里さんにとっての理想像。見守ってくれたり、大きな心で受け入れてくれたり。
家は間接的に人をイメージさせるアイコンのような役割であり、その人にとっての大切なものだったり。
こういった画面表現を知っているとより深く感じられる作品が幾つかあります。
もちろん、コンセプトを反映した表現が組み込まれていることも注目ですが、そういったことをわからなくても見ていて感じるものがある作品たちだと思っています。

今後も期間中は在廊されるかと思います。お会いできた方はこれを機に気になっていることや感想もお伝えいただければ幸いです。
私ももう一度じっくり時間をとって見に行こうと思います。

最後になりましたが先月、足立明里さんの公式HPができました。
作品集や今後の展示予定などはそちらでも告知があります。
また、iPhoneアプリで作品画集もあります。そちらもHP右下の各種アイコン(全部手描き!)からご覧ください。
URLは以下のところから。
http://adachi-acari.moo.jp

足立明里 solo exhibition『す』は栄のギャラリーイントラートにて4月28日まで開催中です。13時オープン、20時クローズ。月曜日はお休みで最終日は18時までです。イントラートさんのブログで在廊情報などが出ますのであわせてご覧ください。

足立明里さん、改めて個展おめでとうございます。素敵な作品のお話が聞けて、本当に勉強になりました。もう一度見に行くつもりですので、そのときはよろしくお願いします。
イントラート様、同日に来場されたすべての方に感謝を。

« 第十六回文学フリマin大阪 個人的記録(長文注意) | トップページ | いきものたちと、ものがたり お披露目パーティ »

アートイベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/51304655

この記事へのトラックバック一覧です: 足立明里 solo exhibition『す』ギャラリートーク:

« 第十六回文学フリマin大阪 個人的記録(長文注意) | トップページ | いきものたちと、ものがたり お披露目パーティ »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ