« 第三回空き家歌会 | トップページ | 今後の予定とか、イベント告知とか、同行者募集とか。 »

2013年1月19日 (土)

月末よしみんsolo exhibition「NEO JAPAN」

これは先週の土曜日のお話。
今月の12日、名古屋のギャラリーイントラートさんで開催中の月末よしみん君の個展「NEO JAPAN」を見てきました。
よしみん君は漆に非常に近い特性をもつ画材、カシューを用いて創作をされる作家で、今回の個展でもカシューがもつ存在感を活かした作品がいくつか展示されています。
展示期間中はよしみん君が在廊されており、今回の展示について作品を含めた解説をしてくれます。
わたしもこの日に解説を聞いたのですが、今回の展示が現段階の月末よしみんという作家の集大成であり、同時にスタートラインでもあると感じました。

個展のタイトル「NEO JAPAN」には複数の意味が込められていました。
カシューそのものをしめす単語でもあり、新しい一年の始まりの展示という意味もあります。
ちなみになぜカシューがこう呼ばれるのか、というと漆のことをJapanと呼ぶことから、新しく生み出された漆という意味でNeo Japanと呼ぶそうです。

この個展は作家月末よしみんの現時点での集大成であり、スタートラインに立った個展であると位置づけて良いでしょう。
展示されている作品を見ながら作品解説を聞くと、歩んできた道程が自然と出てきているように感じます。
作品一つ一つからは見えてこない、作家月末よしみんの歴史を知るのもこの個展の楽しみの一つかもしれません。

今回の新作は無限に広がって行く可能性を秘めている作品。
それと同時に月末よしみんという作家のコンセプトをこれでもかと打ち出している作品だと感じました。
何気ない日常の風景を切り取っただけなのですが、そこに描かれている物に対して湧いた感情が、実際の物体を見た時に想起されて欲しい、と。
また、この作品は現状6点で構成されていますが、同じサイズの作品を描き足すことでどこまでも風景を広げて行くことが出来ます。
これも見所の一つだと言えましょう。

カシューという素材は平面の画面に使われることで描いた物を非常に立体的に(もしくは非常に存在感を出して)表現できる素材です。
これも新作を見て感じるポイントだと思います。

この個展である意味ではまた新しいスタートラインに立った作家、月末よしみん。
彼が今後描き出す作品たちにも注目です。

イントラートの皆様、月末よしみん君、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

« 第三回空き家歌会 | トップページ | 今後の予定とか、イベント告知とか、同行者募集とか。 »

アートイベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/48835559

この記事へのトラックバック一覧です: 月末よしみんsolo exhibition「NEO JAPAN」:

« 第三回空き家歌会 | トップページ | 今後の予定とか、イベント告知とか、同行者募集とか。 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ