« はしもとみお彫刻展 ケモノたちのなつやすみ | トップページ | くまたにたかし個展「糺」@ギャラリーイントラート名古屋 »

2012年7月22日 (日)

足立明里原画展@ロフト名古屋

今夜だけおすまし顔でいてもいい?ウサギが耳につけた三日月

これも土曜日の話。
千種での彫刻展のあと、ロフト名古屋に移動。
今年のお花見でお会いしたことが縁で繋がっているイラストレータ、足立明里さんの原画展を見てきました。
ここからはひみさんと合流。
この後のイントラートへお誘いしていて、よかったらどうですかー?と振ったら快諾してくれたので一緒に見ることになりました。

先の話も少し書きますが、土曜日見に行った作家さんのほとんどが動物をモチーフにしていたのは興味深い点だと思いました。偶然なんだけど、それが余計に。

足立さんの作品はすごく柔らかい雰囲気を持ち、見ていると心が優しくなれる作品だと感じています。ツイッター上でもお題にあわせたラフの段階のイラストをアップされています。それがまたすごくかわいい。
今回の原画展も柔らかい雰囲気で満たされており、ぐるぐると何回も何回も見ていた気がします。
また、「原画」が展示されていることも注目するところだと思います。作品が実際に表紙に使われているタウン誌とそれの原画が一緒に展示されているのですが、出力と原画による違いをすぐ近くで見ることができます。
これをみることで今後の気付きに繋がるかもしれません。

また、原画展が行われているのはロフトの「店舗」の一角。
ギャラリーとは違って、その場で売買が成立した作品は買われた方の手元にそのまま渡ります。それゆえに、展示作品が少しずつ会場から旅立ってしまうことがあるわけです。僕らも旅立つ場面に偶然居合わせたためこれを意識することになりましたが、改めて通常のギャラリーとは違うと感じました。

個人的にはパンダの木琴という作品と三日月のピアスという作品が好きだなぁ、と。

原画展は今月末まで、ロフト名古屋3Fグラフィックコーナで開催中です。足立さんがいらっしゃるときもありますが、不在のときは記名帳がありますのでそちらに感想などをお書きください。

ロフトの関係者様、足立さん、ありがとうございました。

« はしもとみお彫刻展 ケモノたちのなつやすみ | トップページ | くまたにたかし個展「糺」@ギャラリーイントラート名古屋 »

アートイベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/46419073

この記事へのトラックバック一覧です: 足立明里原画展@ロフト名古屋:

« はしもとみお彫刻展 ケモノたちのなつやすみ | トップページ | くまたにたかし個展「糺」@ギャラリーイントラート名古屋 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ