« ブックシェアイベント@MYCAFE | トップページ | 6月7月の現在決まっているお出かけの予定。 »

2012年5月27日 (日)

南大津通歩行者天国とホコ天クリマ

理由は後述。

今日は名古屋市の大通りのひとつ、南大津通が27年ぶりに歩行者天国になった日。
歩行者天国エリアの中でクリエーターズマーケットがホコ天クリマと題してイベントをやっていたので見に行ってきたのです。

行くまではどうなっているのだろう、と楽しい雰囲気になっていることを期待していました。
ですが、現実はそうそう甘いものではなかったのです。
確かに歩行者天国によって車道を使ってブース展開できていることは確かに面白い試みかもしれません。
ですが、この南大津通を歩行者天国にする必然性はあったのだろうか?と何も知らない目で見ていてすぐに痛感しました。
今回の歩行者天国になっているエリア、南大津通は普段から栄と大須、上前津をつなぐエリアになっていて、PARCOやラシックを中心にショッピングのために歩くエリアです。実際、ホコ天でなくても普段から非常に多くの人が行き来するのでホコ天にするメリットがほとんどないように感じています。
もっというならエリア内でできることはほとんどなかったことに逆に違和感。
はじめからこのエリアはショッピングのために店舗に入るか移動のために通り過ぎるエリア。そこを歩行者天国にするならば、じっくり足を止めて見ていくだけのものが必要だと思います。今月の第二土日は栄ミナミ音楽祭があったとは言えどうやら基本的にパフォーマンスの類は禁止らしい。
では、このホコ天の意味って何?どうしてホコ天をやるの?

もうひとつ気になったのは、クリマ側のイベント運営について。
前回の冬のクリマでも気になったところがちらほらありましたが、今回見に行って本当に思ったことがある。
出店者様に対して、敬意を持ってスタッフが対応してるのか非常に疑問。
タイムスケジュールの段階で出店者様に時間との戦いを要求していたと思っていい。ホコ天そのものの終了(一般車両が道路に入ってくる時間)が18時。ホコ天クリマの終了が17時15分。
撤収までに1時間用意してないんですよ。
一応イベント運営側の人間として書きますが、後ろが絶対遵守の時間であるならば余裕を持ってその時間を迎えられるスケジューリングをするべきなのです。案の定今回、搬出はかなりギリギリだったと思います。四月がどうだったのかわからないのですが、搬入搬出について非常に問題があることが改善されていないのなら、運営側が考え方を変えるか、手を引く必要があると思います。

どうしてこんなことをあえて書いたのか。
今回のホコ天、ホコ天クリマは反面教師として捉えるべきイベントなんだろうなと思ったからです。もっと言うならさきほど少し書きましたが、出店者様に対して敬意を払っていないと感じたからです。

持論で恐縮ではありますが、現代において何かひとつのイベントを発生させる場合、一番大切なのは人なのです。イベントに参加するときも、一般の来場者として見に行くときもイベントを見ながらイベントに関わっている人を見に行っている、と思っています。
例えばクリマ。
友人、知人が出店している場合、その人に会いに行くためにクリマに行くということも大いに考えられます。実際に会って話ができたら良いなとか、最近見た新作はこういうところが好きでそれを伝えたい、とか。
また、イベントそのものを宣伝したとしてもうまく集客に結びつかない面もあるかと思いますが、あの人が出るよ、この人が出るよ、と宣伝方法を変えたり、出す側の方がそれぞれ宣伝していくことで結果的にイベントそのものの集客になっていくわけです。
また、イベントを盛り上げるためには、より良いものにしていくためには出店する方に対してフォローやサポートがしっかりしていることが大切でしょう。搬入、搬出について、さまざまな想定をした上でルール作りができているか、遠方の出店者の方の場合、どのような手段で会場入りするか、何時ごろから開始できるのかなどを把握しているのかな?とか、設営についての話とか。運営に必要なことを把握されていなかったがゆえに、ちょっと、これは…と思われてしまう状況を作ってしまったと思います。
最後に、イベントの評価、特に外的評価は結構簡単に乱高下します。
その理由はクチコミ。
自分が感じていたものを誰かが言語化する。それが自分と近い感覚や言葉だったりすると受け取ったものを自分なりに再解釈してまた別の人に伝えるのです。逆に言えば、イメージダウンに繋がることをした場合、それが誤解されて伝われば大きな損失に繋がるのです。
今回の件について私が書いたことで関わってる方や組織に対して損害が出ることもあるかもしれません。そうなった場合はしかるべき対処を自分ですると思いますが、それ以上に、今回のホコ天とホコ天クリマに関して、運営側がさまざまなことに関しておかしな考えをしていると感じています。

本当に人に参加していただけるイベントとはなんなのか、考えるときが来ているのかもしれません。

終わりになりますが、当日ホコ天クリマエリアでお会いしたすべての方に感謝を。こんなことを考えるきっかけにもなりましたし、興味深い作品にも出会えました。ありがとうございました。そして、お疲れ様でした

« ブックシェアイベント@MYCAFE | トップページ | 6月7月の現在決まっているお出かけの予定。 »

アートイベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/45435383

この記事へのトラックバック一覧です: 南大津通歩行者天国とホコ天クリマ:

« ブックシェアイベント@MYCAFE | トップページ | 6月7月の現在決まっているお出かけの予定。 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ