« 近況報告(ツイッター見てない人向け) | トップページ | くうきびと個展 「僕の散歩道」 »

2012年3月20日 (火)

一時間ほど見てきたイベントの話。

これはこの前の日曜日のお話。

18日の日曜日。
特にやることもない(本当はそんなこと一切なかったんですが 苦笑)休日で創刊以来ずっと投稿している月刊短歌zineうたつかいの締め切り間際で詠草を投稿しなきゃなーと色々作業していた頃。
ツイッターでたまたま古書五っ葉文庫氏がとある豆本作家さんのツイートをリツイートされていた。
それが契機となり、ちょっと気になるイベントを見てきた次第。

それがコミティアin名古屋。

何が気になったのか。
リツイートされた情報からまずイベント名で検索したところすぐにヒット。
公式サイトを調べてすぐ、一番気になったワードが。

「創作系同人誌展示即売会」とのこと。

これでも一応大学時代は文芸サークルにいて、今は一応短歌をネット上で詠んでいる人間として、このワードには反応しないわけにはいかなかった。
これはクリマとの大きな違いだと感じたから。

東海のオリジナルオンリーアートマーケットと言えば、クリエーターズマーケットがある。大規模、かつ多様なオリジナルアートが見られるこのイベントで残念なことに文芸をメインにしたものは出展されてることがほとんどない。友人でもあるニノさんは詩書きでもあり、絵も描かれる方ではあるが、彼はクリマでは自身の詩の展示販売をしていたことが多い。ニノさん以外にも二三人、詩で出展されている方は知っているが、小説は知っている限り一人、かつ一回だけ。他の形式においてはクリマで見かけたことはない。

こういった状況を受けて、詩や小説、短歌など文芸の人たちが出展できる場所を東海で探していたこともあり、気になったので見に行ってきた、というわけです。
東海で、という縛りなのは関東で行われてる世界規模のアートマーケット、デザインフェスタではすでに短歌で出展されている方を知っているため。デザフェスは比較的来るもの拒まぬ状況らしいということは教えてもらったので、余計にクリマで扱われてない状況が自分には不思議だったと。
あとは文学フリマ。関東では定期開催されている文芸+αのフリマーケットで、これにはつながりのある歌人さん(螢子さん、空音さん、紗都子さん、ほたるさん、沙羅さん、うたらばの田中ましろさん)が出展されているので、そういう場がすでに根付いている。文フリも一度名古屋で開催されたものの、それ以降は行われておらず、名古屋はどうしてもそういった文芸は根付かないのかなぁと感じていたわけです。
なので、今回偶然にもコミティアの存在を知って、余計に見に行かねば、と感じたのです。


んで、実際に見てきて。
正直、かなり狭い…。
クリマも結構ブース詰め込んでいるのでお世辞にも広くないのですが、コミティアはそれ以上でした…。ちょっときつい。
東京の文フリに行ったときは結構余裕あったので、どうしても比較してしまうのですがこれはもしかしたらおとなの事情かもしれない。
あと、やっぱり漫画が中心だったのは仕方ないのかな、と。
漫研とかも結構出展したみたいだし。
その一方で多方面の創作を受け入れているのは偽りないところだなぁと。
先ほどの豆本作家さんや、実際に紅茶を収穫したりした話を漫画にされてる方がいらっしゃったり。文芸は小説がほとんどだったのですが、こういうところなら文芸に対しても受け入れてもらえそうな雰囲気はありそうでした。

この日は、見に行くだけでなく、岩倉アパートが出展されてる事もあって、とある事情でご挨拶に行くことも目的でした。今後はキワマリ荘含めてちょっと関わっていくかもしれません。

こんな感じですねー。
会場でお会いされた皆様、スタッフ様、お疲れ様でした、そしてありがとうございました。

« 近況報告(ツイッター見てない人向け) | トップページ | くうきびと個展 「僕の散歩道」 »

ブックイベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/44562226

この記事へのトラックバック一覧です: 一時間ほど見てきたイベントの話。:

« 近況報告(ツイッター見てない人向け) | トップページ | くうきびと個展 「僕の散歩道」 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ