« 古沢和宏「痕跡本のすすめ」 | トップページ | 近況報告(ツイッター見てない人向け) »

2012年2月12日 (日)

「ハポンで八方美人がスッポンポンで発砲事件 vol.2」

これは、昨日の夜の話。

2月11日の土曜日の夜。鶴舞にある鶴舞K.D japonで行われたtheSing2YOUの企画ライブ「ハポンで八方美人がスッポンポンで発砲事件 vol.2」に行ってきました。
ライブタイトルがかなりおかしなことになっていますが、ハ行の連続とンの連続のリズムが結構病み付きになります。(笑)

このライブはtheSing2YOUの公式サイトにあるハポンライブの特設ページによると「theSing2YOUがいま名古屋の皆に見て欲しいメンバーを何のしがらみも制限も無く呼ぶイベント」という、ある意味では非常に豪華なライブ。出演されたバンドのクオリティはかなり高く、飽きない夜だったことは確かです。

オープニングアクトに地元愛知の二酸化マンガン倶楽部。だいぶ前ですが、ボーカルの櫻小町さんのバースディライブに渡部裕也さんが出演されたときに聴いた記憶はあります。ですが、そのときの印象は一切覚えてなくて。(苦笑)実質今回が初めてだと言い切っていいと思います。自身のオリジナルに加えて合唱曲としても聞いた事のある「怪獣のバラード」を披露。聞いたことがあった曲でもあるせいかサビで自然と口ずさんでいました。パワフルかつコミカルなオープニングアクトでした。

次は大阪から来られたbloom field。彼らのグルーヴは始まる前に出演者から「bloom fieldマジカッコイイ!」「bloom fieldヤバイ!」と言葉が出ていただけあって、本物でした。純粋に音楽というか音を楽しむ状態だったと思います。歌詞が聞き取れたら、と思うことは確かにあったのですが、聞いているうちにそんなことどうでもよくて、演奏される音の中に自然とのせられていたというか。オープニングの二酸化マンガン倶楽部がパワフルかつコミカル、ならばbloom fieldは純粋にパワフル。彼らのパフォーマンスが終わってこれを書いている今、やっと自分でも「ヤバイ!」の意味が少しわかった気がしました。

三番手は東京からこられた流山。和のテイストを盛り込んだバンドかな?と思って聞き始めたら、これがそんな言葉では言い表せない。ジャパニーズロックというべきか、自らを「侍系ロック」と評しているのは偽りではない。
非常に独特のスタンスを持っているバンドで、スティックと呼ばれる楽器を組み入れたり、歌詞の中にも和というか侍の雄雄しさ、凛々しさを感じるようでした。

ラストはもちろんこの日の主催、theSing2YOU。キーボードとアコーディオン奏者、まのさんを加えた四人編成を初披露。
楽器がひとつ加わると、ここまで世界観が広がるのか!!と思わせられました。世界が深く、厚くなる。もっともっと四人編成で聞いていたい。
久しぶりに「森」の最初のパート(歌いだしまで)を目をつぶって聞いていたら本当に森の中を歩いているようだった。自分のはるか前に弦ものを弾きながら歩いている人と妖精のように舞い踊り歩いていく女の子。
彼らの音を異物ではなく、自分たちの音として共鳴していく動物たちの姿。
それをしっかり感じられた。
七色サンドイッチではどこからともなく「あかー、あーお、きいろ、みどり。みずーいろ、むらーさき、オレンジっ!」の大合唱。もちろん僕も全力で参加。なんだろう、この心地よさは。
このときに、今年の初夏、さまざまなインディーズアーティストの曲をカバーしたアルバムをリリースすることを公開。そのうちの一曲も披露。不思議とカバーだといわれなければわからないほど雰囲気はあっていたように思います。

今回はパワフルなバンドが三組、そのあとにすごくあたたかい雰囲気のtheSing2YOUという時間を忘れさせてくれるライブだったと思います。よくわからないタイトルの裏に込められた「みんなが楽しい時間を過ごしてほしい」願いは達成されたんだと思っています。色々考えたけど、やっぱりこのライブは豪華で、見逃せないライブだったと思います。

theSing2YOUをはじめ、出演されたバンドの皆様、K.D japonのお店のスタッフ様(正直、ここがライブ会場になるとは思ってませんでした)、参加された皆様、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

« 古沢和宏「痕跡本のすすめ」 | トップページ | 近況報告(ツイッター見てない人向け) »

公演レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/44085303

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハポンで八方美人がスッポンポンで発砲事件 vol.2」:

« 古沢和宏「痕跡本のすすめ」 | トップページ | 近況報告(ツイッター見てない人向け) »