« 短歌な月刊zine うたつかい | トップページ | 飛び石でライブ。 »

2011年9月23日 (金)

渡部裕也ライブ もじゃりすぎ2011


九月二十一日、久しぶりに渡部裕也さんのライブを聞きに行ってきました。

台風が直撃しなかったものの、影響はたくさんたくさん与えてくれたおかげで、いつもよりも空席が目立つライブに…。
自然災害にはやはり勝てないですね。

大柴さんのライブは初めてだったのですが、生み出される言葉へのこだわりをものすごく感じました。MCでもその話に少し触れられてました。シンプルな言葉で、世界観を膨らませる言葉選び。
素敵なミュージシャンを一人知ることができました。
ギターも素敵でした。歌詞の世界をしっかりとギターが増幅させていて。どちらかに偏るのでは無いバランスを感じました。
正直にいうと、多分好きなタイプのミュージシャンの方だと思います。

渡部さんのライブは新曲二曲を含んだいつも通りのアットホームな雰囲気のライブ。
新曲のうち一曲、たいせつはこの前聞きに行った路上でも聞いたのですが、生まれた経緯を聞いて納得。それと同時に、人の優しさを改めて考える曲になりました。

お二方とも、すごく「人間」を考えさせるような曲が多くて、心地よかった裏に、自分自身の抱えてる暗い部分とかと向き合わなきゃいけない感覚をうけました。
箱ライブは二ヶ月ぶりで、渡部さんの箱ライブ自体はもしかしたら、クアトロワンマン以来だと思いますが、今の自分に不足していた「何か」を教えてもらった気がします。

渡部さん、大柴さんはじめ、スタッフさん、聞きにこられた全ての方、お疲れ様でした。

« 短歌な月刊zine うたつかい | トップページ | 飛び石でライブ。 »

公演レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/41942780

この記事へのトラックバック一覧です: 渡部裕也ライブ もじゃりすぎ2011:

« 短歌な月刊zine うたつかい | トップページ | 飛び石でライブ。 »