« 六月の歌 | トップページ | 連休の楽しみ方。土曜日編 »

2011年7月 3日 (日)

六月の歌語り

天国にはまだ、遠く。だけど、いつか。

青空にたぶん一番近い場所見慣れぬ街を走る車窓が

この前の大阪行き。その車窓から見えた景色を。

この日は「新幹線を使わず米原経由で大阪に行きましょう」という乗り換え案内を信じてそのルート。三時間半かかりましたかね。(苦笑)

電車の旅はもう何度も経験しているので時間は苦じゃなくて。それでも車窓を眺めようとは思ってなかった。

でも、滋賀県に入ったあたりから空をじっくりみる時間になった。

持ってきた文庫本も一区切りついたし、滋賀にいることを実感できることはなかなかないと思っていたので。

不思議と、空に引き込まれた。

高くて、ちょうどよい空の色、眩しくなくて。

「天国に一番近い島」のリズムを思い出したらすぐ歌になりました。

また、あの空が見られたら、いいな。

« 六月の歌 | トップページ | 連休の楽しみ方。土曜日編 »

#touyauta」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/40658638

この記事へのトラックバック一覧です: 六月の歌語り:

« 六月の歌 | トップページ | 連休の楽しみ方。土曜日編 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ