« 三月の歌 | トップページ | 遥か君へ »

2011年4月16日 (土)

三月の歌語り

さよならはこんなに重かったんだね。

「写真とか、できなかったね」春の雨最初で最後 君の家まで

うたのわで度々開催される歌会での歌です。

これは「春の雨(春雨、折句はるのあめ)」という題の歌会に投稿したもの。

どうしても春は出会いと別れの季節という視点から脱却できてないなぁ…。(苦笑)

残念ながらこんな経験はありませんでしたが、中学時代好きだった人と卒業式一緒に帰った記憶はあります。その日は全然晴れれて、式のあとに屋外でいろんな人と写真も撮れたんですがその人とは撮らなくって。どうしても卒業式シーズンにはその話を思い出してしまう。

雨、はどうしても涙に繋がってくる。本来、春の雨は植物にとっては恵みの雨なので喜ばれるものなのですが。自分自身の感覚だと、桜を意識しなくなってからは恵みの雨だと解釈できるのかもしれません。(笑)

学生時代の微妙な距離感を出したかった、という目論見があえなく失敗してしまいましたが、これを踏み台にしてうまくやっていければいいなと思います。

« 三月の歌 | トップページ | 遥か君へ »

#touyauta」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/39631097

この記事へのトラックバック一覧です: 三月の歌語り:

« 三月の歌 | トップページ | 遥か君へ »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ