« はきだしたい、こと | トップページ | 書と桜を探しに »

2011年3月29日 (火)

サッカーチャリティーマッチ

久しぶりに感じたことを。

この記事を書くまで、サッカーのチャリティーマッチを見ていた。

スコア、勝敗はニュース等で流れていますのでそちらにてご確認を。

この試合を見ていて、さまざまな思いが、思考が頭をめぐった。

出場する選手の思い

日本サッカー界の思い

被災者、被災地への思い

すべて、「本気」だったと思う。

Jリーグでは東北や関東北部のクラブが被害を受け、選手によっては被災された方もいらっしゃるようだ。今回、出場された選手のなかにも避難所で生活していた時期があった方もいらっしゃる。

出身地の状況を目の当たりにした選手も、実際に復興支援をされた選手もいらっしゃる。

この震災が本当の意味で他人事ではないことを選手は感じ取っていたのではないでしょうか。

また、試合は双方が本気モード。ゴールシーンも非常にクオリティの高いものでしたが、それ以外にも遠藤選手と本田選手のワンツー、長友選手のクロスや突破、小野選手の見てる方向と逆方向へのフィード、佐藤選手のシュートと反応、三浦選手の判断力とボールタッチ、中村俊介選手のサイドチェンジパス、中沢選手の巧妙なディフェンス、関口選手のスピードある突破とシュートなどなど…。

日本国内のサッカーでこんなに興奮した試合ってあっただろうか?見逃しやすいけどいいシーンにはちゃんとスローが出てくれたので次にどんなプレーが見られるだろう、とワクワクが止まらなかった。そして、一つ一つのプレーから燃える力をいただいたように感じました。

代表の試合としてみれば、ひとつのテストマッチとしての側面もあったと思うし、将来を見据えた試合になったのも事実。システムやサブメンバーの経験値としても。そういった日本サッカー界の未来のためにも今日はすごく大きな試合だったと思います。

スコアとかには触れないですが、少し考えたら、決めるべき人が決めた試合だった、ともとれるような気がします。(ホームではないですが)大阪のチームで活躍する遠藤選手、阪神大震災を経験した岡崎選手、そしてJの生ける伝説、三浦選手。

非常に大きな意味があった試合だったと思います。

もうひとついえることは、サッカーがこうしたことができたこと。これは他のスポーツ界においても非常に大きな影響を与えると思います。特に(悪い言い方ですが)昔からの人気に胡坐かいてふんぞり返っていた二種目はこういった形を見て、見直すべきところがたくさん歩きがするのでは?と個人的には思いました。

最後に、出場された全選手、両監督、この試合のためにさまざまな形でご尽力なさられた関係者の皆様、来場されたサポーターさん、テレビにかじりついたサッカーファン、被災地でのパブリックビューイングをご覧になられた皆様、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

« はきだしたい、こと | トップページ | 書と桜を探しに »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/39413689

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーチャリティーマッチ:

« はきだしたい、こと | トップページ | 書と桜を探しに »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ