« 今年最初の本屋さん、そして代理告知 | トップページ | 生存報告とか、お詫びとか。 »

2011年1月23日 (日)

優しい音の中で。

昨日のお話。

土曜日は自分たちが主催するブックイベント、ブックマークイヌヤマ第二期の決起ミーティングでした。
今年のテーマ、運営方針、今後の課題を情報交換。
相変わらず今回も少しひいたポジションではあるけど、やれることをやってまたやりたい、来た人にまた来たい!と思えるイベントにしていけたらいいな、と思います。

その後は名古屋へ。
中世ルネサンス音楽祭などでお世話になったおぎやんさんが演奏されるイベントがあるので聞きにいってきました。場所は年賀状展でもお世話になった上前津の賽の目さん。
この日は東京で活動されているムスタファさんとのユニットANONYMASSとしての参加でした。
最初の語りも新年を迎えての語りとなっていて、その次には音楽祭で多くの方が踊った曲が流れる。目を閉じると余遊亭の音楽祭がよみがえってくるようでした。
去年は本当にいろいろな形で耳にすることになった古楽。
聞いたことのある曲にはそのときの思い出がじわっと思い出されました。

この日はANONYMASS含め3組が演奏しましたが、歌があるユニットはここだけ。
次に演奏されたギターのたむらさんもそのあとのホーリースモーキーさんも歌はなく。聞き手が自由にイメージできる音を奏でていました。

たむらさんは非常に長い曲を2曲だけ。2曲目はさまざまな思いをこめて演奏されていたようで、こみ上げてくるものがあったと思われる場面も。
ギター一本での演奏で絵が浮かぶことってなかなかなかったので非常に新鮮でした。

ホーリースモーキーは以前に賽の目で聞いたハングドラムの方のユニットで、今回はギターセッション、ディジュリドゥとジャンベ、ハングドラムとジャンベという曲構成。
ハングドラムもギターも音階があるものだけど、その五線譜から解き放たれた演奏でした。
ディジュリドゥでの演奏はまるでボイスパーカッション。目を閉じて聞くと音の発生源がいくつもあって非常にびっくり。

すごく楽しい時間を過ごせました。

教えてもらったのですが、ハングドラムは今ほとんど手に入らないらしく、日本ではガンクドラムとして製作、販売されている方がいらっしゃるそうです。
http://gankdrum.web.fc2.com
こちらがそのガンクドラム製作、販売のサイトです。サイト内でお試し演奏もできるそうです。試したけどおもしろそう。

ご興味のある方は見てみてはいかがでしょうか?

« 今年最初の本屋さん、そして代理告知 | トップページ | 生存報告とか、お詫びとか。 »

公演レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/38575564

この記事へのトラックバック一覧です: 優しい音の中で。:

« 今年最初の本屋さん、そして代理告知 | トップページ | 生存報告とか、お詫びとか。 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ