« 中世ルネサンス音楽祭 | トップページ | 土曜日、日曜日、そしてこの先。 »

2010年11月21日 (日)

第14回おもしろそうだがや 犬山クラフトフェア

賑わいを知る。

今日は犬山のクラフトフェア、おもしろそうだがやに行ってきました。
目的はクラフトフェアを見に行くことではなく、余遊亭でのライブ。
中世ルネサンス音楽祭で借りた衣装を返すため。
実行委員の方に借りていてその方がウンガレスカのメンバーさんでもあるので今日お返しに行った次第。

クラフトフェアそのものがあることは音楽祭の頃から話は聞いていたのですが、イメージが全然わかなかったのです。
しかし、今回見て驚かされることがたくさんあった。

まず、人の多さ。
これは出店ブースも来場者もともにすごく多く感じる。
ブースは全部で114ブース。
城下町のお店や住宅が並んでいる通りを歩行者天国にしており、お店の軒先を使ってブースを設営している。
ぶっちゃけると、数字以上に多く感じた。
似たような手作り雑貨のお店が多かったのは確かだけど、それ以上に直線状に配置されているのでどれだけ歩いたかがイメージできてなかったのだ。
また、人が多かったこともあって自分のペースで歩けなかったこともある。
マイナスのように書いたが、自分ではプラスの意味で考えている。
けして長いとはいえない区間(それでも短いわけじゃない)を使って、こんなに多くの人に来てもらえるイベントがあるのか、と驚いているのだ。
ごちゃごちゃした感覚はぬぐえないが、人の多さは「何かやっている」という心理を呼び起こす。
そうすると一人引き寄せられ、また一人引き寄せられという人が人を呼ぶことになる。
14回もやっているとは全然知らなかったので(知り合いのげんこつ屋さんに聞いた)大きな目玉になっているのだなぁ、と実感させられました。

ステージは運営にちょっと問題を感じたりしたけど(タイムテーブルとか、タイムキープとか音響関係とか)こういう余遊亭の使い方もあるのかとひとつ勉強。

疲れもあってか太陽が傾き始めた頃に撤退。
それでもある意味ですごくいい刺激をもらえた日でした。

« 中世ルネサンス音楽祭 | トップページ | 土曜日、日曜日、そしてこの先。 »

アートイベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/37779589

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回おもしろそうだがや 犬山クラフトフェア:

« 中世ルネサンス音楽祭 | トップページ | 土曜日、日曜日、そしてこの先。 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ