« まずは | トップページ | 高遠ブックフェスティバル二日目 »

2010年9月22日 (水)

高遠ブックフェスティバル初日

はじまりはいつもひとり。

高遠ブックフェスティバル一日目。
去年の経験から高速バスであっという間、という印象の元、今年も高速バスを使ったら岐阜県を抜けるのに一時間以上かかり、予定もそのままずれ込むことに。
バスとタクシーを乗り継いで高遠に着いたのは午後二時直前。
午後二時から、いつもお世話になっている古書五っ葉文庫氏のトークイベントをすぐさま見てきました。
ほとんど聞くだけになりましたが、氏の教科書への落書きから自分の痕跡と当時の自分を探るイベントとして新しい世界を垣間見た気がします。

その後、宿に向かったのですが、キャリーバッグ引いて徒歩二十分の登り坂はやや無謀だったかもしれません。(苦笑) 長野の気候に合わせて秋の装いで出かけたはずなのに午後の太陽はさんさんと照りつける。
結構しんどかった気がします。
そして、宿についたら誰もいなくて、電話で確認したら、外出してるとか。
幸いにして別のお客さんたちが電話の直後に到着し、その方々が去年もここに泊まっていたらしく、ある程度事情を把握されていたので困らずにすみました。

宿に荷物を置いて再び高遠へ。古本市を覗いたり、短歌喫茶うたたねに足を運んで、最後はブックフェスティバル交流会で話しつつご飯。
東京で古本屋をされている方と二時間ほど話してました。
去年は宿の都合で夜のイベントはまったく参加できなったので、今年は参加できたことが非常に大きかったと思います。
帰りは同じ宿のグループの方に送っていただいきました。
このグループは土日だけだったのですが、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

« まずは | トップページ | 高遠ブックフェスティバル二日目 »

ブックイベントレポート」カテゴリの記事

短歌イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/36867385

この記事へのトラックバック一覧です: 高遠ブックフェスティバル初日:

« まずは | トップページ | 高遠ブックフェスティバル二日目 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ