« 八月の歌 | トップページ | 静岡から世界へ Session3 »

2010年9月26日 (日)

八月の歌語り

「秋です」と最初に教えてくれたのは声も届かぬ高き青空

現時点でのうたのわでの代表作になったこの歌。

実際、立秋の日の空は本当に高く感じました。

天高く馬肥ゆる秋、という言葉があるように秋の空はとにかく高く感じる。

涼しさはあまりなく、自然で秋を感じられなかった八月上旬。

それでも空は秋になっていた。

人間は可視化できる光を人間だけで発することはできない。

でも、音は、声は出せる。

このときの空にはその音すら届かないくらい高く遠く感じたのです。

ところで、今年は秋分の日を過ぎてやっと涼しくなりました。

この歌を詠んでから数日は涼しい秋を感じていたのですがお盆に近くなると猛暑と熱帯夜でぼろぼろになっている自分がいました。

ああ、本当に夏は苦手な季節だ。

« 八月の歌 | トップページ | 静岡から世界へ Session3 »

#touyauta」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/36940950

この記事へのトラックバック一覧です: 八月の歌語り:

« 八月の歌 | トップページ | 静岡から世界へ Session3 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ