« 高遠ブックフェスティバル初日 | トップページ | 高遠ブックフェスティバル三日目 »

2010年9月22日 (水)

高遠ブックフェスティバル二日目

昨日より遅いんだけど。

今回、宿は素泊まりでとったため、食事は現地調達。
いくら昨日の夜交流会で食べたとは言え、どうやら空腹だった様子。
まどろみながら時計を見ると、午前六時。
N短が日曜の朝だと知って、番組サイトで時間を調べたのが六時二十五分。
あれ?終わる直前?
見るのを諦めて、そのままだらだらと八時半まで過ごして、高遠まで歩いて高遠唯一のコンビニで朝食を調達。
行きたかった喫茶店は十時半からしか開いてないことを知る。月曜も同じことしそうだな、と、思ったら月曜は休み。(苦笑)忘れていることは徹底的に忘れている。
買い物後、逆戻りするように高遠城址公園へ。
その中にある、高遠閣というところで変わったカードゲームのイベントがある、と聞いて足を運んだ次第。
しかし、この高遠閣の位置がわからずあちこちあちこち迷ってしまう。
城址公園の中にあると気がついたのはかなり迷ってから。
それでも無事に高遠閣に到着。
待っていたら、昨日の交流会に参加されていたカップルとお会いする。
最初は製作側と僕らの三人ほどだったのですが、徐々に人数も増え、午前中のゲーム大会では最終的に16人集まる。優勝も入賞もできませんでしたが、楽しく過ごしました。
お昼ご飯を食べながら制作サイドの方とお話して、その後、偶然昨日同じバスできていた方に声をかけることができた。
こうして人の輪をいろいろ作れたのは収穫。
午後、中心地へ戻り散策しつつ、昨日の交流会で知り合った古本屋さんに会いに行く。
イベントの話やら、絵本をリサイクルした手帳があったりと、興味深い場所でした。
その近くにはブックマークナゴヤの出張所があり、関係している二人の写真が。
ブースを見回った後、交流会で知り合った別の方と長話を。
さりげなく?十一月のイベントも告知してきました。
昨日はしなかった散策を今日してきました。
蜜蝋キャンドルのお店、美味しそうなベーグルやさん、本の家などなど。
本の家では百人一首に関する今年でた本が偶然あったので購入。
散策途中で図書館方面へ行くと、歌人の村田さんご家族と遭遇。セロ弾きのゴーシュの紙芝居を見て、短歌喫茶うたたねで一服。
お蕎麦を食べながら、まったりしていたら、五っ葉文庫氏から、合流を促される。
そのまま、さくらの湯で夜のイベントにいってました。
夜店的なイベントでしたが、そこでも村田さんご家族と一緒になりました。
そこで出させられたイベントで異常に疲れましたが、翌日に色んな縁ができたのもまた事実。
消耗しまくりでしたが結果として次に繋がったのでよし、だと。

« 高遠ブックフェスティバル初日 | トップページ | 高遠ブックフェスティバル三日目 »

ブックイベントレポート」カテゴリの記事

短歌イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/36867840

この記事へのトラックバック一覧です: 高遠ブックフェスティバル二日目:

« 高遠ブックフェスティバル初日 | トップページ | 高遠ブックフェスティバル三日目 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ