« 六月の歌 | トップページ | 短歌ブログパーツ »

2010年7月11日 (日)

六月の歌語り

この雨は創られしものとかす雨それでも僕はとけてゆけない

酸性雨で人間は溶けることはありませんが、それでも直にうければそれなりに影響があるのかも。

そんな雨の日のことを詠んだ歌です。

正直六月は前半と後半で印象が全然違う月になりました。

前半はたぶん相当落ち込んでいた。色々引きずってぼろぼろだったのですが、クリマを境にいい形で上昇してます。

これは後半に詠んだ歌なのですが、そのわりには暗い歌。

消えてしまいたいという漠然とした願望は根っこに巣食っているらしく、時々顔を覗かせます。そんな時、雨にうたれたらどうなるだろうと考えて詠んでみました。実際に雨降る朝に。

自分自身を相当軽視してるわけじゃないんですが、時々こういうこともありますね。

« 六月の歌 | トップページ | 短歌ブログパーツ »

#touyauta」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/35717872

この記事へのトラックバック一覧です: 六月の歌語り:

« 六月の歌 | トップページ | 短歌ブログパーツ »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ