« 流れが悪くなるものは切り捨てなければならない | トップページ | はきだめの鶴のライブ »

2009年10月26日 (月)

訳あって…

最近読み終わった本の話を。
似鳥鶏さんという作家さんの小説を偶然手にとって読んでみた。
創元推理文庫から出ている三作品。
『理由あって冬に出る』
『さよならの次に来る(卒業式編)』
『さよならの次に来る(新学期編)』
以上三作。下二作は繋がってます。
正直、デビュー作の『理由あって冬に出る』はいまいちでした。
全体的にごちゃごちゃしていて、雰囲気が伝わりにくかった。
ですが、『さよならの次に来る』は個人的には合いましたね。
雰囲気なんでしょうね。学園物でも合うものと合わないものがあるのでしょう。
ある意味キャラクター小説なのでそっちが好きな方にもよいかと。

« 流れが悪くなるものは切り捨てなければならない | トップページ | はきだめの鶴のライブ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/34523516

この記事へのトラックバック一覧です: 訳あって…:

« 流れが悪くなるものは切り捨てなければならない | トップページ | はきだめの鶴のライブ »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ