« オリジナル | トップページ | 同じ動物だとしても。 »

2009年8月18日 (火)

いつか、戻ってくると信じて。

そのときまで、ずっと信じ続けなきゃ。

先週末ですが上橋菜穂子さんの『神の守り人―下 帰還編―』の文庫版を読み終わりました。
遊戯盤の様に人を動かすことは不可能ではない。でも限りなく不可能に近い。
人が増えれば増えるほど不確定要素は増えていく。
予期せぬトラブルのために何パターンもルートを確保するのは判らなくはない。
でも、完璧な形にはならないもの。
作中に登場するあるキャラクタは、他の人を駒としてみているだろう。
作品世界での(たぶん)ゼロサムゲームで負けたことがない。それもかなりの若さで。
そのため、ある計画を緻密な思考で形作り、チェックに導く。
そこに欠けているのは、情だろう。だから、計画は崩れていったのだから。

最後まで読んで、この作品がハッピーエンドかバッドエンドかは意見の分かれるところだと思います。最初は戸惑いましたが、少し時間を置いて読み返したら、ちゃんと自分なりの答えは出ました。

今は同じ上橋さんの『獣の奏者』を読み始めました。

« オリジナル | トップページ | 同じ動物だとしても。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/35507586

この記事へのトラックバック一覧です: いつか、戻ってくると信じて。:

« オリジナル | トップページ | 同じ動物だとしても。 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ