« ラストワンフレーズの切れ味 | トップページ | オリジナル »

2009年8月 7日 (金)

正しいものはあるか?

上橋菜穂子さんの『神の守り人(上 来訪編)』文庫版を読み終わりました。
今回は上下巻で今は下巻を読んでいます。
このシリーズはとにかく善悪の判断がとても難しい。
誰もが少し間違っているようにも感じるし、正しいことをしてないように見えるのに納得できる部分もある。
人を傷つけること、殺めるということ、立場、発言の真意など、日常でもよくあることを形を換えて突きつけている気がします。
また、裏返しでもありますが人の温かさも感じられます。
困ったときはお互い様、というレベルではありません。
偽りのない感情から来る行為と好意。自分がもし、同じ立場に立ったら?と考えてしまいます。
上下巻物の例に漏れずクライマックスは下巻にあります。下巻もまだまだ折り返し前なのでどうなるのかはらはらしてます。

« ラストワンフレーズの切れ味 | トップページ | オリジナル »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/35507532

この記事へのトラックバック一覧です: 正しいものはあるか?:

« ラストワンフレーズの切れ味 | トップページ | オリジナル »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ