« 夏、と言えば | トップページ | 正しいものはあるか? »

2009年7月30日 (木)

ラストワンフレーズの切れ味

森博嗣さんの短編集を二冊読んだのでその話を。
今回読んだのは『どちらかが魔女』と『僕は秋子に借りがある』。過去の短編集に収録されている作品を選んで収録したもの。
『どちらかが魔女』はシリーズ作品の外伝のみ。どのシリーズかは内緒です。一方、『僕は~』は自選短編集と書かれているので森さんの何らかの意図で選ばれた作品ばかり。
森さんの短編は切れ味と後味が素晴らしい。最後のワンフレーズや一人のセリフがツボにはまると病み付きになります。とりわけあの人が関わる作品は、もう、わかっていてもそのオチにやられてしまう。(笑)
改めて過去の短編集を読みかえしてみようかな、と思いました。

« 夏、と言えば | トップページ | 正しいものはあるか? »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/35507516

この記事へのトラックバック一覧です: ラストワンフレーズの切れ味:

« 夏、と言えば | トップページ | 正しいものはあるか? »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ