« ふがしの「ふ」の字が浮かばない | トップページ | 空へ。物語を紡げ。 »

2009年3月 3日 (火)

きっと、簡単にはかたがつかないだろうな

米澤穂信『秋季限定栗きんとん事件』を読み終わりました。
二日しか使ってないなぁ…。(苦笑)
でも、今回はここが折り返し。
戯言のラスト三部作はあれと『ヒトクイマジカル』で起承転結が成立してるけど、こっちは上で起と承までやってるでしょう。
下巻は来週末だそうです。一気に読めるでしょうから待ち遠しいことはないのですが。
知らなかったので損をしたのですが、地元で米澤さんのサイン会があるそうです。
整理券はすでに配布終了。というか、その店で米澤作品(たぶん『栗きんとん事件』)を購入した方に先着だとか。発売日に買えなかった自分が悪いし、定期的にチェックしてなかった自分が悪い。
でも、考えようによってはそれだけこの作家さんのファンがいることになる。
そう考えると驚いてしまう。嬉しいとも思うけど。
整理券ないけど見に行ってみるだけ見に行ってみようかなぁ。

« ふがしの「ふ」の字が浮かばない | トップページ | 空へ。物語を紡げ。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/35506833

この記事へのトラックバック一覧です: きっと、簡単にはかたがつかないだろうな:

« ふがしの「ふ」の字が浮かばない | トップページ | 空へ。物語を紡げ。 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ