« 忘れて、お願いだから | トップページ | きみは、だれかな? »

2008年11月15日 (土)

現実は幻想で

綾辻行人『暗闇の囁き』を読み終わりました。
前作がただただ怖い怖いと感じていたのですが今作は怖いとはあまり感じなかった。ただ凄惨な出来事は起こるし、人によって恐怖を感じる程度、場所は違うので鵜呑みにしないように。
今作は現実離れと言うか足下が急に不安になる感覚をしばしば覚えた。現実かな、と疑うような雰囲気を持ってる作品です。
個人的には前作より好みですね。

« 忘れて、お願いだから | トップページ | きみは、だれかな? »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/35506044

この記事へのトラックバック一覧です: 現実は幻想で:

« 忘れて、お願いだから | トップページ | きみは、だれかな? »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ