« 現実は幻想で | トップページ | 読み返す、振り返る、消えぬ過去 »

2008年11月19日 (水)

きみは、だれかな?

たそ、がれ

綾辻行人さんの『黄昏の囁き』を読み終わりました。
これで『囁き』シリーズ三部作を読み終わったことになります。
『囁き』シリーズではもっとも読みやすくて恐怖も感じた作品だったように感じます。
わかりやすい形の恐怖を見せていただいたような。
シリーズの共通要素は幾つかありまして、今回の解説(講談社文庫版)にそれらが書かれています。それを楽しむのも一つ。3冊くらいならなんとか、という方にはお勧め。

講談社文庫版の表紙には天野可淡という方の人形が使われています。
以前に買おうか迷って『黄昏の囁き』の表紙を見たときに人形作品の色と雰囲気は記憶していた。印象に残っていたのです。
黄昏という言葉が持つイメージがストレートに反映されているように感じました。
他の二作も、タイトルから連想されるイメージに本当にあっている作品が使われているようです。

« 現実は幻想で | トップページ | 読み返す、振り返る、消えぬ過去 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/35506079

この記事へのトラックバック一覧です: きみは、だれかな?:

« 現実は幻想で | トップページ | 読み返す、振り返る、消えぬ過去 »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ