« よむ、はなす、かく、きく | トップページ | 現実は幻想で »

2008年11月13日 (木)

忘れて、お願いだから

綾辻行人『緋色の囁き』を読み終わる。
怖かったです、すごく。
このシリーズは避けていた部分もあったのですが(ホラーは苦手なんです)、きっかけができたので読んでみたわけです。
ミステリではありませんが共通する雰囲気、展開は持ち合わせています。
ですから館シリーズから入った方はそこまで抵抗はないかと。
殺人方程式シリーズから来ると面食らうかもしれませんが。(笑)

中身はとにかく怖い。
色んな質の「怖さ」をうまく融合しているんだと思います。
感覚が幼い頃に読んでいたら弱ってしまうくらい。
再読するのを拒否してしまう本になったかもしれない。
今の状態は良くも悪くも鈍化してしまったため読めるのかも。
それでも効果は抜群ですが。
怖い話も好きですよー、という方は一度どうぞ。

« よむ、はなす、かく、きく | トップページ | 現実は幻想で »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/35506015

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れて、お願いだから:

« よむ、はなす、かく、きく | トップページ | 現実は幻想で »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ