« 短歌 | トップページ | 自分のだけのために、じゃなく »

2008年10月13日 (月)

池袋ではめったに見ない清純派

石田衣良さんの作品をここ数日で2冊読み終わったのでここに書きます。
『てのひらの迷路』という掌編集とIWGPシリーズの六番目『灰色のピーターパン』を読み終わりました。
『てのひらの迷路』のほうは「新刊展望」というPR誌(一つだけ『小説現代』)で毎月発表されていたものをまとめたもの。こういうショートショートは作者のスキルと考えかた、今までの道がそれとなく見える気がする。
各作品の前には石田さんが作品解説をちょこっとしている。(裏話含む)
怖かったり、面白かったり、おろおろしたりするけど、全部を読み終わったらすごく穏やかでした。じわっと優しさを感じさせてもらえたような。もしかしたら石田さんの中では2番目にお気に入りかもしれない。(一番は『スローグッドバイ』という恋愛短編集だ)

『灰色~』のほうはいつもどおり。ライトな語り口と、鋭い切り口を存分に楽しめる。今日の日記のタイトルも実は収録されている作品の文中から取った。
扱われているネタの旬は少し過ぎたかもしれないが、今でも問題になっていることを書いている。ただ小説が好きなやつだけじゃなく、社会問題に興味がある人も少し読んでみるとアンテナが反応するかもしれない。
確か、この次は大きな波が収録されている。文庫になるのは、来年だっけか?

« 短歌 | トップページ | 自分のだけのために、じゃなく »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/35505775

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋ではめったに見ない清純派:

« 短歌 | トップページ | 自分のだけのために、じゃなく »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ