« この日は | トップページ | 止まらなくなっていた »

2008年5月 8日 (木)

一続きの恐怖

京極夏彦さんの『続巷説百物語』を読み終わりました。
苦しかったですね、今回は。
怖いんじゃなかった。苦しい。
自分のことを糾弾されているような感じもある。

それはさておき。
この作品は純粋な推理小説だと感じました。
推理、という点においては前作よりもはっきりしているのではないでしょうか。
これは語り手である山岡百介の立ち位置の微妙な変化も影響していると思います。
前作よりは今作のほうが僕は好みです。
これが終わったので次は京極堂シリーズに手を出してみようと思います。

« この日は | トップページ | 止まらなくなっていた »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365144/35505273

この記事へのトラックバック一覧です: 一続きの恐怖:

« この日は | トップページ | 止まらなくなっていた »

うたらばブログパーツ短歌


フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ